×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

喘息と水泳
 
 
 
私は、あれこれ10年以上、水泳を続けています。

今日は、水泳の喘息への効果について書いてみたいと思います。
 
 
 
温水プールは、運動するのに、とても良い環境!
 
水泳が喘息に薦められる理由は、まず、プールの環境にあると思います。温水プールの場合、プールサイドに埃が少なく、室温や湿度も適度に保たれていること から、運動誘発による喘息発作を起こしにくい環境にあります。さらに、水が激しく飛び散っているプールサイドでは、マイナスイオン濃度も高く、さわやかな気分で運動をすることができます。発作を起こしにくい環境で運動を行い、基礎体力を向上できる。これが水泳の1番の魅力です。
 
 
 
身体面にも、精神面にも良い効果が・・
 
水泳は、水の抵抗による適度な負荷のもとに行なう全身運動なので、バランス良く体を鍛えることができます。また、動きに合わせて呼吸を行なうので、呼吸の訓練にもなり、心肺機能の向上にも繋がります。全身の筋力や心肺機能が向上すると、日常生活における呼吸筋への負担を減らすことができるため、喘息発作の回数を減らすことができると考えられています。さらに、水に入ると、皮膚の体温調節機能も鍛えられるため、風邪をひきづらくなると言われています。
 
身体面の影響以外にも、精神面への影響もあります。まず、非常にストレス解消になります。どのスポーツでも、好きなものならば、何でもストレス解消になると思いますが、特に、水泳は、空気の綺麗な所で通常より深く呼吸をするので、頭の中がスッキリします(もちろん全力で泳ぐと酸欠になりますが・・)。少しイライラしている時でも、水泳をしてシャワーを浴びると、すごく気分転換になります。また、適度に体が疲れるので良く眠れます。生活のリズムを整えるのにも有効です。
 
また、小さなお子様の場合、喘息がきついと動くのが嫌になり、いつの間にか、自分は運動ができないものだと、思い込んでしまうこともあるかと思います。しかし、できる所から水泳を頑張って、泳げるようになれば、自分は、こんなに泳ぐことができるんだと、自分に自信を持つことができると思います。そんなきっかけを与えてくれると言う意味でも水泳はとても大きな存在です。
 
 
 
あとがき
 
水泳を始めて、あれこれ10年以上が経ちました。泳ぐ距離はあまり増えていませんが、今も自分のペースで続けています。私は、水泳をした後のリラックスした感じがとても好きなので、喘息のため、ダイエットのため、と気張らずにやってこれたことが、長く続けられている要因かな。と思っています。水泳は、自分のペースでできる良いスポーツだと思います。体調の良い時に、是非、1度プールへ足を運ばれては如何でしょうか?
 
 
 
喘息症状を改善するための生活雑貨

お問い合わせは inquiry@balmy-day.com まで